そろばんの効果

そろばんと公文どっちがいいの?メリットとデメリットを徹底比較

投稿日:2018年8月14日 更新日:

算数の習い事の定番といえば、そろばんと公文が真っ先に思い浮かぶでしょう。

とはいえ、「公文とそろばん教室、どっちがいいのか分からない」、「両立して通ったほうがいいのか」とお悩みのお母さん、お父さんも多いかと思います。

 

そこで今回、そろばんと公文のメリット・デメリットを比較し、そろばんと公文の違いを考えてみます。

 

スポンサーリンク

そろばんのメリット・デメリット

まずは、そろばんを習うことのメリット、デメリットを紹介します。

 

そろばんのメリット

暗算が得意になる

そろばんのメリットは、なんといっても暗算が得意になるということです。

頭のなかでそろばんの珠を動かすようにイメージして計算する珠算式暗算は、右脳開発としても注目を浴びています

 

そろばんの右脳開発の代名詞として、最近ではフラッシュ暗算が注目されています。

 

同時に数字を処理するスピードが上がる

そろばんをはじいている最中は、次の数字を目視しながら計算を進めます。

目視で先回りして数字を確認しながら、手で数字を入れていくので、同時に数字を処理するスピードが速くなります

 

伝票算が典型的な例で、実務において数字を処理する場面で強みになるといえます。

 

九九を早い段階でならう

掛け算や割り算では、九九の暗記が必要となります。

九九は、小学校低学年で生徒が最初にハードルを感じる単元でもあります。

 

そろばんでは掛け算のやり方を習う前に、九九を徹底して指導しますので、九九が苦手な子はそろばんにいって覚えてしまう人もいます。

 

取得した級や段は履歴書の資格にできる

そろばんは、3級以上の検定に合格していると、履歴書の資格として記入することができます。

計算能力や数字の処理能力の速さなど、実務能力があることをアピールできます

 

スポンサーリンク

そろばんのデメリット

分数の計算がない

小学4年生になると計算はより複雑になります。

たとえば分数の計算が上げられますが、そろばんでは分数の計算は扱いません

 

学校の授業の内容に対応していない

そろばんでは、見取り算、掛け算、割り算の問題を解くことがメインであり、学校の授業には対応していません

 

そのため、学校の授業内容が複雑になるにつれ、そろばんでの計算問題は成績が良くても、学校の授業についていけないお子さんもいます。

 

計算の工夫をしなくなる

正確に弾く必要はあるものの、そろばんに珠を入れれば答えは出ますので、自分で工夫して計算をしなくなるのがデメリットです。

 

コンピュータや電卓のほうが実用的

昔は会社や家庭のいたるところに必ずあったそろばんですが、技術の進展により、電卓やコンピュータが今ではそろばんよりも一般的になりました。

 

日常的にそろばんを使う機会が減るので、そろばんを習うことに疑問を感じる人もいることは確かです。

 

公文のメリット・デメリット

次は、公文に通うことのメリット、デメリットを紹介します。

 

公文のメリット

四則計算の徹底

算数の基礎となる足し算、引き算、掛け算、割り算の4つの計算を、公文では問題プリントの演習を通じて徹底的に訓練していきます。

そのため、膨大なプリントの量を解いていくことになり、計算力アップを期待できます。

 

学校の授業にそったプリントを解く

公文は学校の授業にそった教材プリントが作られています。

そのため、学校の授業の補完として、あるいは学校の授業に遅れないように公文に通う生徒が多くいます。

 

自学自習で考える力を培える

公文では教室に来たら、生徒が自分で問題を解く自習形式をとっています。

基本的に、問題が正解するまで帰ることはできませんので、なぜ間違えたのか自分で工夫し、試行錯誤して計算して答えを導き出すことになります。

 

この過程を通じて、自分で考える力を身につけられるといえるでしょう。

 

理解できればどんどん先に進める

一定の基準をクリアできれば、先の単元に進むことができます。

理解が早い生徒は、どんどん学校の授業を先回りして勉強できるのが利点です。

そのため、中学受験対策として公文を選ぶ保護者もいます。

 

公文のデメリット

作業が単調になりがち

似たような問題を繰り返し、大量に解くため、作業に飽きてしまう子供もいます。

単調な作業が辛くなり、公文をやめたという生徒も少なくありません。

 

質問が自分でできない子は辛い

自学自習を大切にする公文ですが、どうしても分からないときは、先生に質問できます。

 

しかし、自分から積極的に質問するのが苦手な子は、時間が過ぎるのをだらだらと待つようになります。

 

先生によって指導力が違う

公文はフランチャイズの経営方式を取っています。

研修マニュアルはきちんとしていますが、先生の指導力にはばらつきがあります。

先生によって教え方のレベルが違うことに注意しなければなりません。

 

そろばんと公文の比較・まとめ

以上、そろばんと公文のメリット・デメリットをまとめました。

 

そろばんと公文は計算力と集中力を身につけられるという共通の特徴があります。

 

そして、そろばんと公文には、以下のそれぞれの特徴があることも事実です。

公文は自学自習により理解を深め、学校の授業を補完する

そろばんは実務的な数字の処理能力を高める

 

上記のことをふまえて、お子さんの性格や目的にそってそろばんや公文を活用していきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨッシー

現在、そろばんスクールにて園児から小学生までの、珠算と学習指導をしています。情熱と指導力は誰にも負けない40代の熱血そろばん講師です!

Copyright© そろばんスクールまとめ , 2019 All Rights Reserved.