脳の鍛え方

論理的思考はなぜ必要?6つメリット【考える力がもたらす効果】

投稿日:2019年2月28日 更新日:

2045年、人工知能が人間の知能を超えるといわれています。

 

だからこそ今、論理的思考を身につけておく必要があります。

 

スポンサーリンク

論理的思考を身につけて得られる6つメリット

論理的思考とは、これまでの単なる暗記、詰め込み式の勉強ではなく、論理的に考える力です。

 

今回は論理的思考ができると、どのようなメリットがあるのかということについてまとめてみました。

 

説得力がつく

自分はこう思う、自分はこうしたい、そう思ってもなかなか相手を説得できないことは大人でもあると思います。

 

それは、次のような「理由」「根拠」が相手に伝わらないからです。

なぜそうなのか

なぜそうするべきなのか

そうするとどのようなメリットがあるのか

自分の感情だけで話をしてしまうと、メッセージは相手に伝わりません。

 

感情だけで話してしまうとその時々で矛盾が生じたり、まったく根拠のない話になったり、説得力のない話になってしまいます。

 

しかし、論理的に筋道立ててわかりやすく説明ができるようになると、すんなりと相手の心に入っていくことができます。

 

感情だけでものを言っていることと比べると、論理的に説明する方が、自分の意見に説得力を持たせることができます。

 

コミュニケーションが上手になる

自分の話をうまく説明できると同時に、相手の伝えたいことを論理的に理解することができることも論理的思考のメリットです。

 

誰もが論理的に考えられるわけではないですから、お互いの思いがうまく伝わらない、意志の疎通ができないことはよくありますね。

 

しかし、せめて自分が論理的な思考ができれば、相手の話を正確に組み立て、「こういうことだよね」と脱線しないように話をする事ができるので、誤解が生じる事が少ないです。

 

自分の言いたい事が伝われば、相手も話をしていて気分が良いでしょう。

 

意志の疎通がスムーズにできるという事は円滑なコミュニケーションを行う上でとても大切な事です。

 

スポンサーリンク

論理的に反論できる

相手の言うことに納得がいかないのに、理詰めで攻められて反論できないという悔しい思いをした事はありませんか。

 

それは、論理的思考が身についていないからなのです。

 

相手の言うことは間違っていると思っても、どこがどうおかしいのか、具体的に、論理的に指摘できなければ、結局言い負かされてしまいます。

 

どこがどうおかしいのか、論理的に反論ができれば自分の主張をスムーズに通すことができるでしょう。

 

問題解決能力が身につく

人はいくつになってもつまづきますし、人生においてさまざまな問題が起こります。

 

その時に、「なぜ」「どうして」と悩んでいるばかりでは問題を解決できません。

 

そのような時に、論理的思考ができれば、下記のように結果から原因まで遡り、論理的に対応策を考えることができます。

なぜこのようなことが起きたのか

どうすれば良かったのか

これからどうすれば良いのか

 

感情的な「なぜ」は過去にベクトルが向いてしまっていますが、論理的な「なぜ」は未来に向けて考えるためであり、問題解決のための「なぜ」です。

ここが大きな違いです。

 

情報の信ぴょう性を自分で判別できる

今の世の中には情報が溢れ返っており、間違った情報を鵜呑みにしてしまって大変な思いをすることもあります。

 

テレビや新聞、雑誌の情報が全て正しいとは限りませんし、インターネット上の情報は特に精査が必要です。

 

無責任な個人が発信している情報を、そのまま鵜呑みにするのはとても危険です。

 

論理的な思考を身につけておくと、次のように、物事の真偽を考えることができるようになります。

なぜそうなのか

本当にそうなのか

それは誰が言っているのか

それにはどのような根拠があるのか

きちんと検証されているのか

「テレビでやっていたから」などという理由で、誤った情報に振り回される事がなくなるので、正しい情報を判断する力が身につきます。

 

噂に振り回されない

「○○さんが言ってた」「○○さんて、××らしいよ」

大人になっても、年齢、性別問わず、このようにして噂話を広めていく人はたくさんいます。

 

そして論理的思考ができないと、そのようなうわさ話まで鵜呑みにしてしまうのです。

 

自分の頭で考えるというクセがついていないことが大きな原因です。

 

人間関係を築いていく上でも、直感だけで相手を判断したりすることは失礼です。

 

まして、うわさ話や人の怪しい話に判断を左右されるようではいけません。

  • この人は、なぜこのようなことを言うのか
  • この人の行動の意味は何だろう

そういった事を自分で判断し、自分なりの基準を持って人を判断することが大切です。

 

そうすれば、無責任な噂に振り回される事なく、自分にとって大切な人を見極める事ができるでしょう。

 

子供の頃から考えさせることが大事

論理的思考とは、自分なりに筋道立てて考えることです。

そして、考えた事に一貫性を持たせ、自分なりの結論を出すことです。

 

論理的思考には訓練が必要であり、一朝一夕に身につくものではありません。

 

だからこそ、子供の頃から常に自分の頭で考えさせる必要があります。

 

親はそのために、「それはどうして?」「どうしてそう思う?」と子供が考えるように導いてあげる必要があるでしょう。

 

親や先生などの大人が言うことであっても、「それは本当なのかな?」と疑問を持ち、自分なりに調べたり、考えたりする子が将来大人になって、自分の力で生きていける人間になるでしょう。

 

論理的思考のメリット・まとめ

将来仕事をしていく上で、論理的思考は不可欠です。

 

業績を上げるためにはもちろんのこと、周りの人と良い関係を築いていくにも必要です。

 

大人になってから論理的思考力を身につけるのは大変です。

 

頭が柔らかい子供のうちに、ぜひ「考える」くせをつけさせてあげてください。

 

関連記事(一部広告含む)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨッシー

現在、そろばんスクールにて園児から小学生までの、珠算と学習指導をしています。情熱と指導力は誰にも負けない40代の熱血そろばん講師です!

Copyright© そろばんスクールまとめ , 2019 All Rights Reserved.